外圧を落とさずにピアノと向き合う現象の難しさ

いつも同じ気持ちでピアノの練習を続けるのって難しいですよね。うれしい時時少々ミスしても平気で弾き続けられるのに、心労ことがあった日光は気力が弱っていることもあり、上手く行かない分かれ目に意識が向いてモヤモヤしてしまいます。

ピアノの調教では、医者が決めた曲を決められた日にちまでに束ねることになります。自分の好きな曲を好きなように練り上げるわけにはいきません。

別の曲をやろうと思ったときにわが家に楽譜があれば好きな曲を弾くことも可能です。ピアノを習っていた小学生のとき、医者から与えられた宿題を無視して好きな曲によっていたことがありました。

家で何回も弾いているし、訓練の中からMusicが洩れるので、自分が今回いかなる曲をやっているのか両親はわかっています。ですから、ちょっぴり違うものを弾いていると、「これは今回習って残る曲じゃないでしょ?」って言ってくるし、「遊びじゃないんだよ、高いお金だして習ってるんだから」って言ってくる。

ピアノを習ってある状況では、好きな曲を勝手に講じるなんて出来なかったのです。

上手く行かなくても決められた1曲を我慢して1週間弾き続けなきゃいけないっていうのは想像以上のダメージでした。

あなたはそれが原因でピアノが嫌いになり、練習間が短くなっていきました。高校を卒業した時時完全にピアノを弾かなくなっていました。

けれど、大人になった今回、今度は好みでピアノを再開しています。

好みのピアノっていいですよ~。何にも縛られないで好きな曲を弾くことができます。

ただあなたは小さい頃とことん一生懸命やらなかった悔しさから上達したい気迫が苦しく、弾けない部位があるって許せなくて、同じ部位を何回も弾いてしまう。

練習が進まなくて効率が悪いし、上手く行かない度に落ち込むので恐ろしい。

あなた、粘りすぎたらまたピアノが嫌いになるかもしれない。それはリジェクトから、以前練習のことを工夫している。

心情に左右されない機械的な練習をする。どういうことかというと、ドジを連発したっていいから、1曲を弾き通す。事後、引っかかった部位を数回弾いて別の曲に変わる。

同じことに神経を使っているとイライラするので、それほどやめるための工夫ですね。

このやり方によるようになってから、ピアノの練習が思ったようにいかなくても気迫を乱すことがなくなりました。顔乾燥赤みは赤ら顔は酒さとも言われ血行不良が原因です。おすすめの化粧水は・・・

外圧を落とさずにピアノと向き合う現象の難しさ