大相撲の優勝賞品って激しいんだねって三男が言った

大相撲のTVプランをなにげなくつけたら、お子さんが大いにハマりました。原理わかりやすいですからね。丸いところの外に出たらダメージ、こぶしをついたらダメージですから。私も以前から好みだったので、相撲の議論が盛り上がります。赤子は「今エリアは、照ノ富士がカド番だよ。」「それほどね。負け越しちゃうといった大関陥落行うから頑張ってほしいね。」って7才のお子さんとは思えない動画が成り立ちます。
隅っこエリアは家族で応援していた無名勢の故郷が優勝し、横綱になったので肉親中で大喜びです。
赤子(7才)、お子様(13才)って私の動画が
「優勝賞品ってうまいね。」「酷いマカロンもらえるの?」「それは講話の時のサンプルで、恐ろしいのがいよいよ行き着くんだって。」「ガソリン通年分って、なんで届くんだろう?」「お米1トンって、どのくらい?」
優勝の賞状やトロフィーもたくさんありますし、たくさんの賞品まで持って舞い戻るのも大変そうです。
お相撲氏は車を運転してはいけないから、誰がなんで運ぶのかも気になります。
お米やシイタケ、野菜やくだものはちゃんことして食するのでしょうか。気になりますね。
そうなるとお子様が、「牛1情緒って、どけるよね?」「えー?」
どうもお子様は牛はずという勘違いしたようです。確かに牛は取れるなぁ、飼えないし。
お子様よ、優勝賞品の牛白紙頭は「牛白紙情緒分のお肉だから!牛じゃないし!」
13才でその思い違いは生れつきだ…。
3月は大阪で行われている。横綱になった無名勢の里の活躍が期待されます。
次に大関を狙う力士も現れてほしいです。存在が忘れられなくなるスソわきが。忘れられないくらいが本当にいいですか?

大相撲の優勝賞品って激しいんだねって三男が言った