私の志望はナシ世間の繊維戦業者になることです

私の希望は、一人前の繊維技法商品になることです。繊維の国家に足を踏み入れて、誠に1ウィークです。事後は、まったく長いです。もしかして、個性はないかもしれません。というよりも、数学って物理、化学が拒否だった人々には個性がない可能性が高いかもしれません。

そんな人々が、どうして繊維の国家に足を踏み入れたかというと、今期78歳になる男への弟子入りを決意したからです。しかしながら、さすが、織機を動かしてみても、寧ろ男の営業を増やしてしまう概況でした。それもそのハズ、男は織機を50時期動かしているわけで、数日の人々に移れる考えもありません。「石の上にも三時期」「桃栗三時期、柿八時期」という文言があるように少なくとも三時は個性云々のトラブルは置いておいて、力一杯男の下で頑張ってみようと思います。なぜなら、今までの私の一生、一つの営業に三時期忍耐できたことがなく、このままでは、どういう営業も継続することができないように思うからです。

また、何故人々が男に弟子入りをする人情をしたかというと、ともかく、目下、営業がない社、持病だ双極性ブレーキの悲劇が安定してきた社、連日残業、土日もなく手掛ける男を幾らか手つだいたいと思った社、その三つが重なったからです。といっても、男に弟子入りして、男の労働時間が減ったかというと現下、まだその効果は見えず、当分は見えないかもしれませんが、なるべく短く、まずは男の手足になれるように頑張りたいです。残念ながら一度黒ずんだデリケートゾーンは乙女の色を取り戻せない?続きはここ

私の志望はナシ世間の繊維戦業者になることです